トマティスメソッドとは

 トマティスメソッドはフランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士(1920-2001年)が1947年から研究を重ねて完成させた、聴覚と、心理と、発声の改善法です。

博士は、聴覚と発声の密接な関係を研究し、1947年に

  1. 聴き取れない音は発声できない
  2. 聴き取りが改善すると直ちに、発声も改善する
  3. 聴覚の改善は一定期間の訓練により定着する

 という3つの原理を発見しました。この理論は、1957年に、フランスの科学アカデミー、医学アカデミーに学説として登録されています。

 その後、この理論を元にトレーニング用機材を開発し、世界中で様々な「耳の状態」「聴こえの状態」「心の状態」「コミュニケーションの状態」に悩み苦しむ人々にトレーニングを実施し、改善させていきました。

聴覚トレーニングというコトバもまだ無い時代から一貫して、トマティスメソッドは人々の聴覚と心理と発声をケアし続けています。

 耳は、「聴き取り」や「体のバランス」だけではなく、「脳の活性」、「心身統合」の大切な機能を持っています。 聴覚が病気やストレスでバランスを崩すと、耳はその力を発揮できず、健康や学習面に大きな影響を与えるので、聴覚の不全やストレスを早期に発見し、ケアすることが大切です。

 

トマティスメソッドには次のような応用分野があります。

学習分野
心理分野
その他
※ 外国語学習
※ 音楽 
※ スポーツ
※ 受験準備
※ 学習困難
※ 聴覚過敏
※ ストレス
※ 言語障害
※ マタニティ
※ 高齢者脳活性化

 

 NPOトマティス聴覚・心理・発声ケア協会は、これら幅の広い分野の中からケア部門を特に大切にし、各センターで日々研究とケアを実施しております。

 

アルフレッド・A・トマティス博士

1920年、フランス、ニース生まれ。父親はフランスの著名なオペラ歌手。
パリ大学医学部卒業・耳鼻咽喉科博士号取得。
 

1940年後半より、歌手の発声障害の治療に当たり、聴覚と発声の関連を研究。
1947年に、「人間の声には、聞き取れない音は含まれない]という法則を見つけ、
この理論は、1957年に、「トマティス効果」としてフランスの科学アカデミーと国立医学アカデミーに登録されています。
博士はこの3つの法則に基づいて、聴覚、心理、音声の学問を一体とした、聴覚・心理・発声の改善を行うトマティスメソッドを確立し、幼児から高齢者まで、聴覚に起因するトラブルをケアするトレーニング機器を開発しました。この機器はフランスの内外の科学研究分野で数々の賞を得ています。
さらに、博士は、胎児の聴覚、胎内のコミュニケーションを世界に先駆けて解明し、ドイツ、南アフリカ、カナダの大学で、コミュニケーション、自閉症、吃音等の研究を行いました。
また、モーツアルトとグレゴリオ聖歌の持つ音楽療法の効果をいち早く検証したのも、トマティス博士で、モーツァルト効果、モーツアルトブームグレゴリオ聖歌ブームの火付け役となっています。
日本には、1993・94年に来日講演を行いました。

2001年、フランス・カルカッソンヌにて惜しまれつつその生涯を閉じました。